糖尿病でもとは、血液中の糖分濃度が高い状態が続く病気です。
自覚症状が少なく危険を感じにくい病気ですが、重症化すると失明や手先や足先の壊疽などの重大な合併症を引き起こすこともあります。
またEDとの関連性も高いとされており、男性の糖尿病患者の2~3人に1人はEDの自覚症状があるという論文も発表されており、自覚症状のない方も含めると80%がEDを合併しているという結果もあります。
このようなEDは、糖尿病が勃起にするために必要な脳や神経、血液、海綿体などの働きを阻害するために起こります。
特に典型的な症状である動脈硬化によって、内腸骨動脈から陰茎動脈にかけての部分に硬化が生じると、勃起機能が著しく低下します。
また性器海綿体の毛細血管は非常に細く、動脈硬化の影響を受けやすい血管でもあります。

治療には薬はもちろん、食事制限や適度な運動といった生活習慣の改善が必要で、ED治療薬を使って性交渉をすることに不安を持つ方は多くいます。
確かにバイアグラは食事の影響を強く受けるため、食事制限で治療中の患者には効果が期待できない場合や、飲み合わせによる副作用の心配があります。
しかし、シアリスはこのような方でも安心して服用できるED治療薬なのです。
シアリスの特徴は食事による影響を受けにくい点と、副作用が少ない点にあります。
そのため食事制限をしていても効果を得ることができ、副作用によって肉体的な負担を強いられることもほとんどありません。
実際に、多くの方が糖尿病の治療薬を飲みながら、並行してシアリスを服用して性交渉を行っています。
性欲は人間の三大欲求であり、性欲が減退した男性は気力が失われていく傾向にあります。
肉体と精神の健康のためにも、まずは医師に相談してみるといいでしょう。