シアリスは比較的緩やかに効果が発揮される勃起不全症状の治療薬として知られており、バイアグラなどをはじめとする他の治療薬と比べて、効果がやや弱いものの長時間持続する特徴があるとされています。
そのためシアリスは他の治療薬と比較しても副作用が弱いという傾向もあるのですが、しかしだからといって「副作用が全く出ない」ということはありません。
薬との相性によっては副作用が強力に出ることもありますから、シアリスを服用する際には「どういった症状が副作用として出やすいのか」ということを知っておく必要があります。
さて、ではシアリスの副作用のうち「外見」にでるのはどういったものなのかというと、特に大きいものとなるのが「頬の紅潮」です。
シアリスは勃起不全改善の効果として「血流を良くする」という作用を有しているため、顔の中にある血管内での血流量が増加します。
これによって皮膚の下の血液が透けて見えるようになり、特に頬が紅潮して見えるようになりやすいのです。
こうした副作用は一時的なものであり、服用した人でも3割程度しか現れないというようなデータもあります。
よって頬の紅潮が発生しても「薬の効果が出てきている」というように捉えて問題ありません。
ただ、服用後に頬の紅潮がおさまらないというようなことになったり、薬の持続時間が切れた後も継続的に症状が出るというような場合には、なるべく早期に服用した医薬品を持参の上、医療機関を受診することがもとめられます。
シアリスなどの勃起不全治療薬を服用しているということは非常にプライベートな情報とはなりますが、「恥ずかしい」ということで医療機関の受診を拒んでいると手遅れの状態に陥ってしまう恐れもありますから、強い副作用が出た場合には迷わず診療を受けるようにしてください。

■シアリスのジェネリックならこちら
タダリスSXの利便性とは?
■長い効果を期待するなら
タダシップ